山登りしてきました(一切経山)

画像




画像




画像



画像


とらみも夢の中でどこか登ってきたのかなぁ…



しばらく音沙汰なかった知人から山のお誘いがあり
吾妻連峰の一切経山に登ってきました。

画像


浄土平のレストハウス近くに車を止めて9時頃出発。


画像


目指すはこの山の山頂です。

昔、何度も来たところですが、いつの間にかこんなに噴煙が上がるようになっていたのですね。

画像


いきなり傾斜がきつくてちょっとしんどいけど、足下の花達が励ましてくれましたよ。

画像


画像


まだちょっと雪が残っていますね。


画像



頑張って登ると、湿原の木道に出ます。

ここで水を飲み休憩…カッコーの声が響いて癒される~


画像



雨だったらこの木道を真っ直ぐ行って
鎌沼あたりでゆっくりしょうと思っていましたが
お天気が落ち着きそうなのでここから避難小屋の脇(矢印方向)を通って一切経山を目指します。


画像


石がごろごろ…歩きにくい登りで息切れ……

でも気温が丁度いい感じでバテませんでしたよ。


画像


眼下に鎌沼や姥ヶ原が見えます。


画像


ここまで登ると吾妻小富士の全容を望むことができます。

綺麗な形の噴火口ですよね。
かっこいい~と思いました。


画像


画像


画像


空が近くなりましたよ。


画像


頂上まであと少し。くろちゃんがんばろー


山頂は石ころだらけですが
頂上からほんの少し下ると、吾妻の瞳と言われている五色沼が見えます。
お天気との関係だと思うのですが、写真よりもっとすごく濃い青に見えることがあります。


画像


まだ11時くらいでしたがここでお昼にしました。
食べるのに夢中で写真を撮るの忘れちゃったけど
メニューは食パンにレタス、ハム、ウインナー、たまごをなどを
のせマヨネーズをかけて挟みその場でサンドイッチを作りました。

画像


日差しがあたると緑が輝いて見えました。
この景色を見ながらのお昼はとても美味しかったです~

コーヒーを飲んだり景色を眺めたりしばらくのんびりしてから下りました。


続きはまた明日…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

マロン
2013年06月30日 22:44
とらちゃん、いい夢を見ているみたいですね
サイさんとくろちゃんの案内で山登りをしている気持ちになりました
五色沼の色ってとても綺麗で日常とは違う世界にいるような気持ちになります
福島に修学旅行で行った時に見た記憶がよみがえって懐かしいです
2013年07月01日 05:50
いいですねえ
山登り
空気を感じましたよ
澄んでますね
この時期に登ると汗かいて気持ちい~
疲れて、汗だくて・・でも頂上くると忘れちゃうんですよねえ
気持ちいだろうな~
2013年07月01日 13:19
最近流行りの富士山の親戚ですね~ 人が少なくて、こっちの方が景色もイイし、登り易そうだわ! この五色沼、逆さハート型で美しい~ 日頃の疲れも吹き飛ぶ山登り~ とらちゃんも夢の中で登頂したのね(^^)v 
2013年07月03日 21:39
マロンさん、五色沼きれいでしょう。来るたにび少し色が違って見えるような気がします。
修学旅行では磐梯吾妻スカイラインがコースだっだのかな……懐かしんでもらえて嬉しいです
サイ
2013年07月03日 21:44
タフィー104さん、山登りもたまにはいいですよ
花は咲いてるし、さほど暑くもなく風が気持ちよくて爽快な気分になれました。
ほんと、頂上につくといままでの辛さも忘れちゃいます~
サイ
2013年07月03日 21:52
pmarinさん、そういえば富士山が山開きとかで話題沸騰してましたね。
富士山は眺めて楽しみたい山かな~~
逆さハート、気が付きませんでした。言われてみればそんな感じに見えますね~
2013年07月04日 12:58
お~っ噴火口とか五色沼とか素晴らしいですね、こりゃあ苦労して登る価値がありますね♪
とらちゃんのバンザイあくび(雄叫び?)最高です(笑)
サイ
2013年07月04日 20:58
カーピーさん、いい眺めでしたよ~♪久しぶりに頑張りました、
とらみの特大あくび、ビッケちゃんといい勝負でしょう?(笑)

この記事へのトラックバック